読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガイドブックの価格!

子どもにと思って購入しましたが!案外親の方が一生懸命に読んでいたというオチがつきましたが!なかなか読み応えがありますよ。10才までに〜 を持っていました。やっぱりおもしろいです。

こちらです♪

2017年02月24日 ランキング上位商品↑

ガイドブック12才までに知っておきたい世の中まるごとガイドブック [ 小学館 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

「10才までに〜」も!最初は子どもたちのために買った物ですが!すっかり夫のほうが気に入って読んでいました。高学年の子供が社会を理解するのに良い本ですね。大人も読んだ方が、子どもに聞かれたときに困らない!!eduでおすすめと載っていたので買いました。新聞やニュースをよく見る高学年には!リビングの本棚に置いておくといいと思います。できれば10歳までの・・・を読んだあとの方が読みやすいと思います。子供へではなく、自分用に購入しました。これは子どもだけではなく生半可に知識を持っている私のような大人にもお勧めです。字も小さく!漢字もすべてにはかなはふってありません。子どもにも分かりやすいということは!大人に分かり易いのだなぁと思いました。うちの子のレベルで考えると「12才までに」ではなく「12才から」という印象です。但し、大人が読んでも説明が少し難しいかもしれません。図鑑とは違い!本当に今起こっている世界・日本での事件・政治社会問題などが取り上げられています。「10才」の方と比べるとぐっと難しくなります。良い本です。池上さんの説明はわかりやすくて読みやすいです。「12才までに〜」は、さすがに内容も豊富な分、字も細かくちょっと読みずらそうですが、内容的には十分満足しているようです。この本を読むと、経済・政治・世界情勢の基本がわかるのでニュースを見ていても、あ〜これはこういうことなんだって改めて理解できるようになりました。大人でも説明しづらい事が書いてあり!いろいろな事に興味のある子供にはぴったりです。12才までには、少々難しいですが、大人と一緒に読み進めていくと、大人も実際はよく理解していなかった時事がたくさんあることがわかります。買って良かったです。大人にとっても活躍する一冊です。また!この本は普段私たちがもっているような疑問をついてくれているので!それもまた嬉しいところです。親である私が今一つ分かっていなかったことが簡潔に説明してあったのでわかりやすくてよかったです。2年前に出版された本ですが!改訂事項があればインターネットで確認することができるので!良いとおもいます。大人が読んでも面白いです。親も勉強になります。難しく考えず、リビングに1冊置いておくと、ある程度の年齢になった子なら自然と手に取るようになる1冊だと思います。これをマスターすると新聞やニュースを観るのが前より楽しくなりそうです。内容が整理されていて、とてもわかりやすいです。息子がほしがったので買いました。子供が読み終わったら私も読みたいです。算数2冊!世の中もこれをあわせて2冊購入しました。10歳までに・・・・の応用編です。さすがに10才〜に比べて内容は難しいけど、世界のあらゆる動きが本当にわかりやすくまとめられています。子供も池上さんのことを尊敬しているようで興味を持っています。話題の「6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算」を購入するついでにポイントがあったのでこちらも購入。10才までに〜が面白かったので!この本も購入。結構高度な内容ですので大人でも楽しめます。同シリーズの「10才までに〜」を熟読した夫が!どうしても欲しいというので購入しました。わかりやすいようで、かなり自慢して話をしてくれます。10歳までの・・・よりは参考書っぽい印象です。わかりやすい!読みやすい!娘の受験の時事問題用に買いました。ただ2007年著書だったので、また新しく出してほしいなー。。問題を子供と一緒に意見しあうには!良い材料ではないでしょうか。